最近、日本の動物実験関係者の発言の中に、「人間の生命倫理関係も指針でやっているのだから動物実験も法律は必要ない」という意見があり、それってどう考えても逆なのでは? そもそも人のほうに法律がないのがおかしいのでは? と思っていました。
10月に開催される東京財団フォーラムは、まさにその話がテーマのようなので、参加しようと思っています。動物の話ではありませんが、ご紹介します。

東京財団フォーラム
「先端医療にルールはいらない?~生命倫理の法律のある国、ない国」

(10月17日(木)18時~)
http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=207
【日時】 2013年10月17日(木) 18:00~20:30
【会場】 日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2)
【お申込み】下記ページにてお申込みください
 http://krs.bz/tkfd/c?c=203&m=517&v=f4d12737
【プログラム】
1)生命と身体に介入する先端医療 ~問題の見取り図と日本のこれまでの対応
 ぬで島次郎(東京財団研究員)
2)韓国・生命倫理安全法の10年 ~何を・なぜ・どのように
 洪 賢秀(東京大学医科学研究所 特任助教)
3)法と政策の識者からコメント
 青柳幸一(明治大学法科大学院 教授)
 モデレーター:冨田清行(東京財団ディレクター兼研究員)