アメリカの動物実験施設は公開されていないのではないかという話があって、改めて農務省の検索画面を見てみたけれど、別に去年と変わりなく情報公開されています。うーん。どこからそういう話になったのだろう。
でも確かに検索画面は変わって新しくなっていました。
http://acissearch.aphis.usda.gov/LPASearch/faces/CustomerSearch.jspx
一覧をダウンロードするのにちょっと試行錯誤したので、メモです φ(.. )
“ADVANCED SEARCH”をクリック
⇒”Optional Criteria Items”のところで”Type of Licensee/Registrant”を選択
⇒右の選択肢から”RESEARCH FACILITY”を選択
⇒”Add Criteria Item”をクリック
(ここで表の中に選択肢が入る)
⇒”SEARCH”をクリック
一覧ずらずら出てきます。
エクセルのフォーマットでダウンロードできる機能もついていたので、検索結果をこちらにアップしてみました。検索が面倒くさい方はこちらをどうぞ。
2012年3月13日現在 アメリカの動物福祉法上の登録施設一覧 (Excelファイルです)
http://www.nezumi.info/files/resarch_facility_Cust_Request-1.xls
ちなみに、検索画面では、
“Inspection Information”タブをクリックすると、査察の報告書が見れますし、
“Resarch annual report information”タブをクリックすると、年次報告書が見れます。
(いずれもプリンターアイコンをクリックするとPDFで立ち上がります)
動植物検疫局の動物福祉のページには、電子情報公開法に基づいて年次報告書が公開されていることが明記されています。
これは、実は裁判を経て市民が獲得したものです。
久しぶりにブログを更新したと思ったら、以前にも投稿した件ですみません。なんだかとっても忙しくなってきました…。