World Week for Animals in Laboratories
April 20-26, 2008
http://wwail.org/

World Day for Animals in Laboratories
Thursday 24th April 2008
……なんですよね。日本では特にイベントないと思いますが…。
このサイトにあった「最近の変化」というページの内容です。
http://www.wwail.org/worldwidechanges.html
世界における最近の変化:
2008 年2月、アメリカの3つの政府機関―環境保護局(EPA)、国家毒性計画(NTP)、国立衛生研究所(NIH)―が、動物実験を完全に排除していくことを最終目標として、医薬品と化学製品の安全を評価するために動物を利用しない革新的な方法を生み出すという5年間の合意に署名した。
関連リンク:
NIH Collaborates with EPA to Improve the Safety Testing of Chemicals
http://www.niehs.nih.gov/news/releases/2008/toxrelease.cfm
覚書本文
http://www.niehs.nih.gov/news/releases/2008/docs/ntpncgcepamou.pdf

2007年7月、名誉ある全米研究委員会(NRC)は、動物実験に寄らず、変わりにin vitroな方法に焦点を当てた新しいアプローチについて概説した「21世紀のための毒性学」という報告書を出した。その報告書によると、「長い年月を経れば伝統的に必要とされてきた動物実験は大幅に削減され、いつの日か排除されることすらあるかもしれない」のだ。
関連リンク:
Toxicology for the 21st Century

http://www8.nationalacademies.org/onpinews/newsitem.aspx?RecordID=11970
ヨーロッパでは、化粧品製造のための動物実験の禁止は、2009年に実施される。この禁止は、一旦それが法律となったために、応ずる必要がある世界規模の製造メーカーによって、動物を用いない方法の発展に大きく影響を与えている。