先月、「あれっ?」と思ったことがありました。

日本ロレアルが、若手女性科学者の育成を支援する「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の第2回の受賞者5名(物質科学3名、生命科学2名)を決定したというニュースを見たんです。

実は、日本ロレアルがこの賞をつくるという報道があった2005年、私はどーーーーしても「ロレアルって動物実験をやめたっていう宣言をしたんじゃないの!? 動物実験している研究者に賞をあげたりしないよね!?」ということが気になってしまい、メールで質問をしてみたんです。

そうしたら、お返事がちゃんときて、ロレアルのその賞は、「グループの動物実験に対するポリシーに従い、動物実験を行う研究には奨学金を提供しないことを原則としています」という内容が書かれていたんです。

へー、すごいな!!ってそのときは思いました。

証拠に、下記に2005年に日本ロレアルから頂いた回答をPDF化しておいてみました。

http://www.nezumi.info/pdf/051202.pdf

でも……今年「あれっ?」と思ったのは。第2回の受賞者を見てみると、ジュウシマツの発声に着目し、その大脳構造の雌雄差を明らかにした研究とか……どう考えたって解剖しているんじゃないんでしょうか!? 

http://www.nihon-loreal.co.jp/_ja/_jp/index.aspx

一見ほのぼのでも、動物実験には間違いないし……それに、他の研究もどうなんですか!? まだ論文検索してないのがバレますが……

なんだかロレアルに不信感いっぱいです。

でもよくよく読んでみると、ロレアルの回答の「原則として」が曲者なのかも。

多分そういうことなんでしょうね……(–;

かりに「原則として」とするにしても、動物実験をしている研究者に賞をあげるなら、せめて動物実験代替法の研究にしてほしいと思ってしまうのですけどね。今後の犠牲を減らすための研究なら、まだ「原則なんですよ、あの返事はね」って言われても、まだ「化粧品会社だし、それはそうだろうな」って思えます。

でも……賞の結果発表のページに書かれているロレアルの紹介のところに、紫外線防御剤「メギゾリルXL」というのが載ってますが、これこそロレアルが厚生労働省に動物実験のデータをくっつけて申請した新規化学物質な訳で……

開示請求資料からおっかけたときの話はここ

http://www.nezumi.info/animaltests_cosmeex.html

開示資料のスキャンデータはここ

http://www.nezumi.info/loreal/

それでも「動物実験を廃止しています」という回答をくれるロレアル。

EUの化粧品の動物実験禁止をずるずると引き延ばさせてきたフランスに本拠地があるロレアル。

こんどのWC6(国際動物実験代替法会議)にたくさん寄付をしているロレアル。(代替法が必要ってことは、動物実験も今現在必要としているんじゃないのかなぁ??)

まぁ、ロレアルの「動物実験しない宣言」については、PETAなんかももう信用していなくて、「疑いがあるので、動物実験していないメーカーリストからは削除した」というメールが以前出回っていましたけどね……(–;

きょう偶然回答書のデータが出てきて、あらためて日記に書いてしまうのでした。